ビリオネア占星術

~ミリオネアは星占いを信じないがビリオネアは活用する~金融王 JPモルガン氏

【金融占星術にて日経平均株価動向予想】  2020.8.3~8.7

金星が8日(土)に双子座から蟹座に入ります

金星がサインチェンジした時はマーケットの転換日になりやすいと言われています

 

蟹座に関連する株式分野は、農業関連、住宅、食品、ホテル、家庭器具、家具、不動産開発、水道、酪農品等です

 

今週の金星はノースノード(ドラゴンヘッド)とコンジャンクション(合)です

 

f:id:billionaireastrology:20200730124524p:plain

 

4日(火)0:59 水瓶座満月です

5日(水) 水星が蟹座から獅子座に入ります

 

新月・満月の頃は物事が動きやすいです

今週は少し注意が必要です。もしかしたら狼狽売りが出るかもしれません

 

 

 

 

 

尚、天体の相場への影響は前後3営業日と言われています。
投資は余裕資金で、自己責任でお願いします

 

 

 

 

新しい経済が本格的に上昇するのはいつ?

ビリオネア占星術主宰の金有満です

 

『フォーキャスト2008』を読み返していると

新しい経済は冥王星がフィクスドサイン(固定宮)に移行するまでは本格的な上昇には繋がらない 

 とありました

 

フィクスドサインとは12サイン(星座)の中の4つのサイン(牡牛座、獅子座、蠍座水瓶座)を指します

物事の安定化、固定化を目指すサインです

 

人間で言うなら 頑固です

 

もしあなたの周囲に(この人、頑固やなぁ)と感じる方がいらっしゃったら

生年月日をさりげなく聞いてホロスコープを作成してみてください。

太陽星座と月星座に固定宮が入ってたりします

 

話を戻します

 

現在、冥王星山羊座24度付近です

1サインは30度で、山羊座の次はフィクスドサインである水瓶座です

 

2023年3月に冥王星水瓶座にイングレス(入宮)します

その後、逆行して山羊座に入り、順行に戻っては水瓶座に入りを繰り返し

2024年11月に本格的に水瓶座にイングレスします

 

新型コロナの蔓延を防ぐため、私たちの生活は新しい様式を模索中です

『コロナテック』という造語も出てきました

*コロナテック;新型コロナウィルスに端を発した諸問題を解決する技術やサービスの事。

        感染を防ぐためオンラインで仕事が出来るクラウドサービスや、電子商取引(EC)、

        治療薬やワクチンなどが該当する

 

 本格的な上昇は3、4年後と言われると納得してしまうのは私だけでしょうか?

 

 

billionaireastrology.net

 

【金融占星術にて日経平均株価動向予想】  2020.7.27~7.31

 今週の金星は、牡羊座火星とソフトアスペクト(60度)、魚座海王星とハードアスペクト(90度)を取ります

特に大きく変わるようには見えません。むしろ気になるのは翌週です

 

 

f:id:billionaireastrology:20200726160650p:plain

 

 

 

 

翌週(8/3~8/7)は

・8/4に水瓶座満月を迎えます

・8/5に水星が蟹座から獅子座にサインチェンジ

・8/8には金星が双子座から蟹座にサインチェンジ

 

また、7/31~8/12に金星はノースノード(ドラゴンヘッド)とコンジャンクション(合)します

 

このノースノード(ドラゴンヘッド)は天体ではなく感受点といって太陽の軌道(黄道)と月の軌道(白道)の交差点です

 

ノースノード(ドラゴンヘッド)は約1年半~2年でサインチェンジします

 

金融占星術の本ではノースノードのサインチェンジは記載されているのですが

天体とコンジャンクション(合)している場合は特に重要視する様子もありませんので備忘録的にこのブログに記載します

 

 

 

 

 

尚、天体の相場への影響は前後3営業日と言われています。
投資は余裕資金で、自己責任でお願いします

 

 

 

【金融占星術にて日経平均株価動向予想】  2020.7.20~7.22

今週の金星は先週同様、牡羊座火星とソフトアスペクト(60度)を取り続けています

そして魚座海王星とハードアスペクト(90度)を取り始めます

 

f:id:billionaireastrology:20200718132211p:plain

 

7/21(火)2:33蟹座新月です

この日前後は注意が必要です(ということは来週3営業日は注意です)

 

今、山羊座には木星冥王星土星の3天体がイングレス(入宮)していますが、

その内の2天体(冥王星土星)と太陽とがハードアスペクト(180度)を取っています

 

 

蟹座太陽はドメスティック(自国、国内)もしくは身内びいき。

自国主義で居続けることが出来ない出来事があるかもしれません

 

尚、天体の相場への影響は前後3営業日と言われています。
投資は余裕資金で、自己責任でお願いします

 

 

 

【金融占星術にて日経平均株価動向予想】  2020.7.13~7.17

 今週の金星は牡羊座火星とソフトアスペクト(60度)を取ります

 

12日(日)に水星が逆行から順行に戻ります

f:id:billionaireastrology:20200709115839p:plain

 

特に大きく変化する感じではないのですが

18日(土)前後に国民感情を逆撫でるような出来事が起こるかもしれません

 

 

尚、天体の相場への影響は前後3営業日と言われています。
投資は余裕資金で、自己責任でお願いします

 

billionaireastrology.net

 

バブル後最安値(リーマンショック後)のホロスコープを観る

バブル後最安値はリーマンショック後の2008年10月28日でした

 

リーマン・ショックとは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスLehman Brothers Holdings Inc.)が経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的によぶ通称である。

(中略)

日経平均株価も大暴落を起こし、9月12日金曜日)の終値は12,214円だったが、10月28日には一時は6,000円台(6,994.90円)まで下落し、1982年(昭和57年)10月以来、26年ぶりの安値を記録した。

 

リーマン・ショック - Wikipedia

 

ホロスコープは「新月」を迎える翌日のものです)

 

f:id:billionaireastrology:20200507175518p:plain

 

パッと目を引くのは

木星/火星/土星天王星で構成された『ダイヤモンド型(台形)』

 行動力や慈悲、富によって変革を成功に導き安定していく・・・といったとても良い複合アスペクトなのです

 

ただ金星は、土星天王星とで『Tスクエア』を構成しています

『Tスクエア』とは90度、90度、180度とハードアスペクトで構成された三角アスペクトで非常に困難を伴うアスペクトです

 

そして、この『Tスクエア』の底辺を形成している土星天王星オポジション(180度)は45年間隔で起きる『株価と世界経済の不況』に関連するアスペクトと言われています

 

金星、土星天王星の『Tスクエア』は要注意かもしれません

 

 

 

 

 

 

【金融占星術にて日経平均株価動向予想】  2020.7.6~7.10

 今週の金星は牡羊座火星とソフトアスペクト(60度)を取り続けます

 

5日(日)が満月なので週の初めは少し注意が必要です

(月曜日には次の東京都知事が決まってますね)

 

f:id:billionaireastrology:20200630162229p:plain

 

 

12日(日)に水星が順行に戻ります

 

 

 

尚、天体の相場への影響は前後3営業日と言われています。
投資は余裕資金で、自己責任でお願いします