ビリオネア占星術

~ミリオネアは星占いを信じないがビリオネアは活用する~金融王 JPモルガン氏

バブル後最安値(リーマンショック後)のホロスコープを観る

バブル後最安値はリーマンショック後の2008年10月28日でした

 

リーマン・ショックとは、2008年9月15日に、アメリカ合衆国投資銀行であるリーマン・ブラザーズ・ホールディングスLehman Brothers Holdings Inc.)が経営破綻したことに端を発して、連鎖的に世界規模の金融危機が発生した事象を総括的によぶ通称である。

(中略)

日経平均株価も大暴落を起こし、9月12日金曜日)の終値は12,214円だったが、10月28日には一時は6,000円台(6,994.90円)まで下落し、1982年(昭和57年)10月以来、26年ぶりの安値を記録した。

 

リーマン・ショック - Wikipedia

 

ホロスコープは「新月」を迎える翌日のものです)

 

f:id:billionaireastrology:20200507175518p:plain

 

パッと目を引くのは

木星/火星/土星天王星で構成された『ダイヤモンド型(台形)』

 行動力や慈悲、富によって変革を成功に導き安定していく・・・といったとても良い複合アスペクトなのです

 

ただ金星は、土星天王星とで『Tスクエア』を構成しています

『Tスクエア』とは90度、90度、180度とハードアスペクトで構成された三角アスペクトで非常に困難を伴うアスペクトです

 

そして、この『Tスクエア』の底辺を形成している土星天王星オポジション(180度)は45年間隔で起きる『株価と世界経済の不況』に関連するアスペクトと言われています

 

金星、土星天王星の『Tスクエア』は要注意かもしれません